関連サイト

Youtube

安芸太田町との地域連携協定を締結

広島国際学院大学・広島国際学院大学自動車短期大学部では、梅雨の晴れ間の平成27年6月25日(木)に、広島県安芸太田町と同町役場において、小坂眞治町長と李木経孝学長代行が地域連携協定の調印式を行いました。
協定内容は、つぎのとおりです。
(1)地域おこしに関すること
(2)農業振興に関すること
(3)地域経済の発展に関すること
(4)地域国際化に関すること
(5)地域福祉に関すること
(6)教育、文化、スポーツの振興に関すること
(7)その他、両者が協議し、必要と認める事項
この協定をもとに、本大学では
(1)地域の知による学生教育の充実
(2)研究・教育の成果を地域に還元する
(3)社会貢献により地域とともに発展する
を目的として、地域連携を推進します。
安芸太田町は、人口6,882人の広島県北西に位置する豊かな自然に恵まれた町です。歴史ある三町が10年前に合併して誕生しました。「豊かさあふれ つながりひろがる 安芸太田」-ほどほど便利 飛び切り幸せ 笑顔かがやく里山のまち- を、目指す将来像として、新たな10年計画を策定され、「豊かな自然」と「人情」を強みに、町内外に人と人とのつながりの広がる町の実現に向けて取り組まれています。


 調印式終了後は、本大学が地域連携の拠点である「日本棚田百選 – 井仁の棚田」を見学しました。学生たちは用水路の保全活動(名水保全活動)、特産品ラベルデザインや棚田での田植えを体験し、これからいろいろな分野の活動に関わり、地域と連携して、ともに発展することを期待しています。